読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

perlbrewとcpanmのインストール - MacOS Xでの環境構築

久々のブログエントリです。ここのとこずっとperlばかりさわっていて、やっぱりガリガリ書けるのはいいなぁと感じています。Perl Hackerな方々のコードをみたりして手を動かして日々精進あるのみです。
まだまだPerlカジュアルな感じですがアプトプットしていこうかと思います。


今回はMacOS Xにおける開発環境の構築です。perlMacOSに標準でインストールされていますが、rubyのrvmのようにいろんなバージョンを簡単に切り替えて使えるperlbrewというのがあります。


perlbrewのインストール

perlbrewを以下のコマンドでインストールします。ユーザ権限のままで行います。

$ curl -LO http://xrl.us/perlbrew
$ chmod +x perlbrew
$ ./perlbrew install

インストール先は、~/perl5/perlbrew/bin/perlbrew になります。
次に、perlbrewへのパスを通します。.bashrcに次の行を追加して

source ~/perl5/perlbrew/etc/bashrc


再読込みします。

$ source ~/.bashrc

次のコマンドで初期化を行います。

$ perlbrew init


perlのインストール

perlbrew listコマンドでインストールされているバージョンを確認できます。*が付いているものが現在使用されているバージョンです。

$ perlbrew list
* perl-5.10.1
  /opt/local/bin/perl (5.8.9)

perl availableコマンドでインストールできるバージョンを確認できます。

$ perlbrew available
  perl-5.15.0
  perl-5.14.1
  perl-5.12.4
i perl-5.10.1
  perl-5.8.9
  perl-5.6.2
  perl5.005_04
  perl5.004_05
  perl5.003_07

iが付いているのは、既にインストールされていることを示しています。では、perl-5.12.4を入れてみましょう。

$ perlbrew install perl-5.12.4

perlbrew switchコマンドで利用するバージョンを切り替えます。

$ perlbrew switch perl-5.12.4
$ perlbrew list
  perl-5.10.1
* perl-5.12.4
  /opt/local/bin/perl (5.8.9)

$ perl -v
This is perl 5, version 12, subversion 4 (v5.12.4) built for darwin-2level
・・・

インストールできました!



cpanmのインストール

perlが強力なところは、数多くのライブラリを簡単に扱えるCPANモジュールの存在があります。
ここではCPANモジュールを利用するcpanmをインストールします。perlbrewから

$ perlbrew install-cpanm

これでOKです。


CPANモジュールのインストール

例えば、ないとしんでしまうという Data:Dumperを入れるには、

$ cpanm Data::Dumper

以上これだけです。